救急科

当院について

大田病院は、「東京都指定二次救急医療機関」に指定されています。救急車の受け入れを行っており、断らないことをモットーにしています。病気やけがなどでお困りの際はご相談ください。
当院付属診療所(大森中診療所)外来の診療時間内であれば、大森中診療所の受診をお願いすることもありますが、大森中診療所まで通院困難、早急な処置が必要な場合、緊急性が高い場合は当院救急外来で診療を行います。
当院で対応できない処置、重症患者様については近隣病院へご案内させて頂くことがあります。

東京ルール幹事病院

救急医療の東京ルールとは、搬送先選定困難事例、いわゆる「たらい回し」の事案を二次医療圏(複数の市町村を単位とした、一般的な入院治療に対応できるように定められた区域)内で受け止めることなどを目的に定められた、東京都の二次救急医療体制上のルールです。
具体的には
・5件以上の病院に断られた時
・20分以上、搬送先病院が決まらない時
 に「東京ルール事案」となり、その日の当番をしている医療機関に搬送となります。
当院は東京ルール幹事病院となっているため、24時間365日、東京ルール事案の受け入れを行なっています。

診療体制

当院の救急医療は救急科常勤医師1名、各科診療科医師、非常勤救急科医師で運営しています。当直は救急外来医師1名、病棟当直医師1名です。

スタッフ紹介(2020年6月現在)

医師名 役職 略歴
出口 雄樹 医長 埼玉医科大学(2012年卒業)
専門分野:救急一般、内科一般
資格:日本救急医学会 救急科専門医、日本救急医学会 ICLSコースディレクター、日本内科学会 内科認定医

千田 宏司 副院長
新潟大学(1980年卒業)
医学博士
専門:心臓疾患一般、高齢者心臓疾患、高血圧、心不全
所属学会:日本循環器学会 循環器専門医、日本老年医学会 専門医、日本内科学会 指導医

PAGETOP